中小法人・個人事業者のための事業復活支援金についてお知らせします♪

 新型コロナウイルス感染症により、大きな影響を受ける中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者に対して、
国が事業規模に応じた給付金を支給します。

対象

 次の(1)(2)を満たす中小法人・個人事業者

(1)以下のいずれかによる新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者
 1.国や地方自治体による,自社への休業・時短営業やイベント等の延期・中止その他のコロナ対策の要請
  (個人消費の機会の減少につながるもの)
 2.国や地方自治体による要請以外で,コロナ禍を理由として顧客・取引先が行う休業・時短営業やイベント等の延期・中止
 3.消費者の外出・移動の自粛や,新しい生活様式への移行
 4.海外の都市封鎖その他コロナ関連規制
 5.コロナ関連の渡航制限等による海外渡航者や訪日渡航者の減少
 6.顧客・取引先が1~5,7~9のいずれかの影響を受けたこと
 7.コロナ禍を理由とした供給減少や流通制限
 8.国や地方自治体による休業・時短営業やイベント等の延期・中止その他のコロナ対策の要請
  (業務上不可欠な取引や商談機会の制約につながるもの)
 9.国や地方自治体による就業に関するコロナ対策の要請
※上記に記載されたいずれかの新型コロナウイルス感染症の影響を受けたことについて,その裏付けとなる書類の追加提出を
 求める場合があります。

(2)2021年11月~2022年3月のいずれかの月(対象月)の売上高が,2018年11月~2021年3月の間の任意の
   同じ月(基準月)の売上高と比較して50%以上又は30%以上50%未満減少した事業者

※計算に当たっては,新型コロナウイルス感染症対策として国又は地方公共団体 による支援背策により得た給付金,
 補助金等は,各月の事業収入から除きます。ただし,対象月中に地方公共団体による時短要請等に応じており,
 それに伴う協力金等を受給する場合は,「対象月中に時短要請等に応じた分」に相当する額を,対象月の事業収入に
 加えます(給付額の算定においても同じ)。

対象外となる場合

 以下の場合は,給付対象外となりますので,ご注意ください。
・実際に売り上げが減少したわけではないにも関わらず,通常事業収入を得られない時期(事業活動に季節性があるケース
 (例:夏場の海水浴場)における繁忙期や農産物の出荷時期以外など)を対象月とすることにより,
 算定上の売上が減少している場合
・売上計上基準の変更や顧客との取引時期の調整により売上が減少している場合
・要請等に基づかない自主的な休業や営業時間の短縮,商材の変更,法人成り又は事業承継の直後などで単に営業日数が
 少ないこと等により売上が減少している場合

受付期間

 ~令和4年5月31日(火)

給付額

 基準期間の売上高 - 対象月の売上高 × 5か月分
※2018年11月~2019年3月/2019年11月~2020年3月/2020年11月~2021年3月のいずれかの期間
 (基準月を含む期間であること)

上限額

 中小法人等:上限最大250万円
 個人事業者等:上限最大50万円
※詳しい上限額は,こちらをご覧ください。

申請方法

 アカウントを作成の上,マイページから申請してください。
※必要な申請書類など,詳しくは,経済産業省事業復活支援金ホームページをご覧ください。

page top

掲載情報募集

市民活動の解説

活動団体一覧

すずか市民活動広場のお知らせ

お役立ち情報

特集

団体新着情報

助成金情報

よくある質問

お問い合わせ

鈴鹿市

鈴鹿市男女共同参画センター ジェフリーすずか