都波岐奈加等ファーマーズ

団体登録番号

101

団体名

都波岐奈加等ファーマーズ

活動分野

環境
まちづくり・地域づくり

活動目的

きっかけ
・高齢化が進み耕作放棄地が発生してきたことに加えて、今はまだ少ないが、将来間違いなく放棄地が増えることは明白で、今からその対策の体制をとっておくことが重要と考えた。
・町内に新しく団地が開発され、新しい住民が増加してきたことと、一方既存住民は少子高齢化が進み、町の活力が弱くなってきている。

活動目的
①地域の農地保全(耕作放棄地解消)に貢献。
②共同栽培による農業後継者育成に貢献。
③農業を通じて地域のコミュニケーションを深め活性化の一助に貢献(特に新しく住民となった若い人と既存住民との接点を作る)。
④花栽培による地域の環境整備ならびに美化に貢献。

活動の狙い
・耕作放棄地(草ぼうぼうの土地)の発生をなくすこと。
・花いっぱいのきれいな町にすること。
・新住民は若く、この若い人たちの活力を取り込むこと、および新旧住民の融和を図ることによって活力のある町にすること。
・これを農業、主に野菜や花木栽培を一緒に行うことにより、新旧住民のコミュニケーションを図り、住民としての一体感を増強すること

活動内容

① 耕作放棄地対策・・・・
 ・耕作されていない土地の保全作業(除草など)の依頼
  受付と依頼に対する作業受託者とのマッチング
 ・耕作されていない土地の貸出し希望者と借入希望者とのマッチング
② 野菜・花部会(共同栽培)・・・・
 ・耕作放棄地を借入、そこで野菜・花を任意加入者で共同栽培する。そこに新住民(若い人達や子ども)にも多く加入、参画してもらい、地産地消ならぬ「自産自消」を実践することによる食育、ならびに花栽培における土や花への親しみを涵養する。
③ 町内PTAのバザーへの野菜提供を行い、若年層との交流強化を図る。
④ 町民招待の芋煮会(芋煮汁、餅、おにぎり、焼き芋のふるまい)の実施(約150名弱の参加)による子どもから高齢者までの交流を図る。
⑤ 一ノ宮神社巡りバスツアーの実施(38名参加)による町民一体感の増強を図る。
 町内にある都波岐奈加等神社は伊勢国の一ノ宮で由緒ある神社であり、全国から多くの人が一ノ宮巡りで参拝に来られる。そこで逆に他所の一ノ宮巡りバスツアーを企画実施した。

詳細情報

代表者名:大久保 秀郎(おおくぼ ひでお)
設立年月:平成28年2月
会員数 :77人(内 野菜・花部会27名)

連絡先

担 当:代表 大久保秀郎
住 所:〒513-0031 鈴鹿市一ノ宮町1259番地
list page page top

掲載情報募集

市民活動の解説

活動団体一覧

すずか市民活動広場のお知らせ

お役立ち情報

特集

団体新着情報

助成金情報

よくある質問

お問い合わせ

鈴鹿市

鈴鹿市男女共同参画センター ジェフリーすずか